シュレッダーと個人情報

 

個人情報保護法といったものが存在するのはご存知の方も多いと思います。

すでにこの法律を身近なものに感じている人もいるのではないでしょうか。

2005年に施行されてから、耳にする機会が増えたのでは?

個人情報とは、法人のお客さんは当然ですが、いまは家庭でも意識しなければいけないとても重要なものです。

そんな時に活躍するものがシュレッダーです。

個人情報が記載されている媒体を粉砕破棄する事でゴミ箱からの情報漏洩を防いでくれます。

名簿や名刺、カルテや履歴書といった多くの個人情報を扱う法人は、その分多くの情報を管理して処理する義務があります。

その処理の手助けをするのが大量の情報を破棄してくれる電動シュレッダーなのです。

ハガキや利用明細、CDやクレジットカードなどをゴミ箱に捨てるだけで個人情報は簡単に漏洩する時代です。

家庭内でも簡単に情報を守るためにハンドシュレッダーなどを利用して情報漏洩の対策をするのが良いのではないでしょうか。

そんなシュレッダーにも様々な種類があり、様々な裁断パターンがあります。

 

・電動シュレッダー

これはオフィスなどにも設置してある代表的なシュレッダーです。

大量に裁断する事が可能で、オフィスなどの多人数に適しています。

そしてハンドシュレッダーと違い、自動のために素早く裁断できます。

重さや大きさも様々で、販売価格も様々です。

シュレッダーと呼ばれるものは、このタイプが多いのではないでしょうか。

 

 

・ハンドシュレッダー

これは家庭に置いてあるシュレッダーによく見られます。

コンパクトなサイズで、電動シュレッダーと違い、一枚ずつ裁断するタイプになっています。

家庭だけでなく、オフィスなどの個人デスクに置くシュレッダーとしても便利なものになっています。

電動シュレッダーとちがい、手動の為、速度はやはり劣る部分があります。

小さくて軽く、安値で非常にお手頃なシュレッダーとなっています。

裁断方法は3種類に分類されます。

 

・ストレートカット

 

これは縦方向にのみカットをするシンプルな裁断方法です。

ゴミの散らばりが少なく、処理しやすいのですが、裁断するサイズが小さく復元しやすいと言われています。

 

・クロスカット

 

ストレートカットに横方向の裁断も加えたカット方式です。

コンパクトタイプから大型まで幅広く使われている方式です。

シュレッダーの主流となっている裁断方法です。

 

・マイクロクロスカット

 

クロスカットタイプのハイグレードカット方式です。

極小のサイズに裁断されるので、非常に高セキュリティな裁断方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*