シュレッダーのその他

 

裁断方法や、シュレッダーのタイプについて説明しましたが、他にもシュレッダーには特徴が色々と存在します。

シュレッダーと言えば紙を裁断する事がメインと思われているのですが、今は他にも裁断可能なものがあります。

紙以外のCDやDVDやクレジットカードといった特殊なものを破棄する場合に使われるシュレッダーです。

オフィスや家庭内での個人情報保護の為に使ってみてください。

 

シュレッダーの機能で選ぶ人もいます。

電動シュレッダーでは、裁断可能枚数や、連続使用時間が各機種ごとに決まっているので、裁断可能枚数、連続使用時間が多ければ多いほど処理能力が高いと言われています。

卓上でこまめにシュレッダーをかけるならば、処理能力が低くても問題なく使用できます。

オフィスなど裁断可能枚数が多く、多人数で利用する場合は処理能力の高い物が効果的です。

 

そしてダストボックスにも着目してください。

ゴミを出す事を考えると、注意しておきたいのがダストボックスです。

ダストボックスは機種によって要領の違いは当然なのですが、用紙とその他メディアが分別処理可能なセパレートになっているタイプや、ダストボックスが満タンになるとランプの点滅やブザーで知らせてくれる機能の付いているタイプもあります。

オフィスにおいてシュレッダーと言うものはとても大事なものです。

会社で扱う個人情報等が漏れないように管理しなくてはいけません。

シュレッダーは、かなり昔からあります。今ではかなりハイテクなものもとても増え安全性も完璧だと言います。

やはり、個人情報が流出したこという事件などがきっかけでシュレッダーをちゃんと導入する会社が増えたのだと思います。

シュレッダーを考えた人もすごいですよね。これをこうしたらこうなるという発想がとても凄いと思いました。発明をする人ってどうやってひらめくのでしょうね。

パッとひらめく人もいれば悩んで悩んでひらめく人もいますね。特許をとったら一生安泰と言うくらいで買い特許を取ると言うものはとても凄い事なのだと思います。

特許をとったものが世の中に凄く便利なものとして評価されてその商品が売れていくと瞬く間にお金が入ります。だから、皆して特許を取りたがっているのでしょう。

聞いた話では、カラオケを作った人は特許を取らなかったそうなのです。これによってカラオケは皆の者となりました。

カラオケの特許を取っていればひょっとするとかなりのおお金もちになっていたかもしれません。これは、ちょっと惜しい話でしたね。